2005年11月30日

小自慢!

この間、前に働いていたアルバイト先(とん汁屋さん)から電話がきた。
「テレビに出てほしい」と。

えっ??何なに??
・・・実は私がそのアルバイト先で提案したメニューがあった。
名づけて「とんかけ焼きそば」。

きっと、みんな想像つかないだろうけど、その名のとおり、
とん汁にとろみをつけてあんにしたものを麺にのっけたもの。
(あんかけ焼きそばのとん汁バージョン、と思って頂ければ・・・)

実はこれを店長が気に入ってくれてすぐに「新メニュー」として
お店に出してくれた。これだけでもすごく嬉しかった。

そして今回の電話。
実はこの「とんかけ焼きそば」があるお客さんからの投稿で
テレビの番組に取り上げられることになった、と。
(っと、一応。ローカルテレビにね。)
それで、発案者の私に出てほしい、と・・・。

すっごくびっくりだったけど、すっごく嬉しかった。

そしてドキドキの撮影日。時間は40分くらい。
ローカルだけにきてくれたレポーターもよく知らなかったけど(笑)
カメラがきたり、マイクを胸元に設置したり、
あつあつのご飯風にみせるためにご飯を少しかき混ぜて
その湯気を撮ったり・・・
最初から目をまん丸にして、ちょっとそれ飲み込む前にコメントしてない?
みたいな・・・いわゆるコメントオーバーなグルメレポーターに笑えたり・・・。
撮影風景そのものが新鮮で面白かった。

そしていよいよ、放送日。
横浜の母には電話をテレビの前において、
ちょっとした生中継?(ローカルだけにあっちじゃ映らないから)。
こちらもビデオをスタンバイして一人で(二人で?)
テレビの前でドキドキして見た。

映ってる、映ってる。
カットカットカットで若干5分だったけど!

自分の変な顔とコメントに笑えたけどとてもいい記念になった。

ちなみに以前にも一度テレビに映ったことがる。
高校生のときの、福留さん最後のウルトラクイズ。
そのときはほんと一瞬で「スロー」モードにしなきゃ駄目なくらい。

でも私にとってはとっても大切な宝物。
それに比べたら今回何百倍もの時間映っていた。
わ〜大きな進歩だ。

でも何より、私の突然の「ひらめき」を「とんかけ焼きそば」という
カタチにしてくれた店長にほんとうに感謝。ありがとうございます!





posted by あっこ at 09:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

男の人は・・・。

この週末、今度は旦那さまの友達が来てくれた。
出張のついでに北海道から。

久しぶりに会うお友達。
そんなときにいつも思うのが、
「そんな時間のつかいかたでいいの〜??」
ふたりは久しぶりに会っても特に過去の話で
盛り上がるわけでもなく、
ひたすら一緒にゲームをやったりして
そんな時間がすごく楽しそうだった。

私なら久しぶりに会った友達ならひたすら
しゃべりまくる。
お互い会えなかった時間を埋めるかのように
しゃべりまくる。

これが男性と「おしゃべり好き」の女性との
違いなのかしら??

何はともあれ、やっぱり訪ねてきてくれるお友達との
時間は本当に嬉しい。



posted by あっこ at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

かわいい来客者。

この間の週末、私が働いていた会社の後輩が
二人で遊びに来てくれた。しかも、2回目。
これはとても嬉しかった。

そして彼女たちはふたりとも転職をしたので
みな今バラバラの生活をしている。
なのに今もこうやって訪ねてきてくれている
ことがさらに嬉しかった。

もともと、我が旦那さまも同じ会社だった為、
私たちふたりの後輩になる。
そのため、いじくりいじくった3日間だったけど
・・・・本当に来てくれてありがとう!
posted by あっこ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

宅急便。

昨日、宅急便が届いた。
「送り主」を見た瞬間、嬉しかった。
そして、「もしや??今は何の時期だ??」

・・・私は高校時代の友達3人で「狩りもの・掘りもの」
によく行っていた。
イチゴ狩り、みかん狩り、じゃが芋掘り、さつまいも掘り・・・
結婚するまで毎年女3人でドライブしながらその時期を満喫するのが
恒例だった。
それが、私が結婚してその「恒例」から外れることに
なってしまってすごく悲しかった。

そんな中、去年、突然届いた宅急便。
開けてみると、中には泥のついた「さつまいも」がどっさり。
そして「二人で○○ちゃん(私)のぶんも一緒に掘りました」と・・・。
ほんとうに感激した。一緒に行けなかったけど、こんなカタチで
「恒例」に参加させてくれて、本当に嬉しかった。
何よりそんなことをこっそり考えてくれていた友達に
「ありがとう」の気持ちでいっぱいだった。

そして、それからというもの、必ずふたりで行った「恒例」には
そういうカタチで私も参加させてもらっている。
一番感激したのが、「苺狩り」。
苺はさすがに鮮度が落ちてしまうということで、
代わりに箱に入っていたのが、その苺で作った「苺ジャム」。
これには本当に感激した。

・・・と、いうことで、「送り主」を見て「もしや??」
箱を開けたら泥のついた「さつまいも」がどっさり。
大きいのやかわいいもの。長い根っこのついたもの。
友達のお庭になった「柿」も添えられて・・・。

本当にいつもありがとう!!

それと、もうひとつ、このお礼の電話をしたときに友達から
重大発表をされた。
「来年から一年間アメリカへ留学する」と。
会えなくなるのは淋しいけど、彼女の念願のことだったから
素直に喜んで応援したいと思った。

とにかく、私にとってはお互いどこに住んでいても
遠く離れていても大切な友達!
そんなことを改めて思った。

posted by あっこ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甥の名言。

おとといまでの4日間、姉夫婦にかわいい甥っこがふたり、
横浜からはるばる遊びに来てくれた。
この日がくるのをずっと楽しみにしていただけに、
帰ってしまった今、お家の中がガランとしてしまった気分。

もうすぐ4歳になるお兄ちゃんの甥っこは
「放し飼いにされた犬」と近所でもよばれているくらい元気いっぱい。
そしてまだハイハイの1歳の弟はそのお兄ちゃんにチカラいっぱい抱きつかれたり
押されたり・・・きっとこうやって次男は強くなっていくのかな〜なんて
考えながらも、いつか本気でお兄ちゃんの下敷きになってしまわないか心配。

とにかく、4日間じゃまわりきれないくらい、近所にはいいところがいっぱい。
紅葉や温泉、そしておいしいお店めぐり。
そして何より、私が一番甥っこを連れて行きたかったところが
近所にある湖畔公園。
そこは一日ではまわりきれないくらいの広さの公園で、
小さな子供たちが喜びそうな大きな滑り台やゴーカート
そしてトランポリンのようなゴム製の山・・・。
(ちなみに、このトランポリン、以前私の母を連れて行ったとき、
56歳の母も大はしゃぎした)
最初に訪れたとき、「甥っ子を連れてきたい」「絶対喜ぶはず!」
と思っていたから、私もそれが実現するのが
楽しみだった。
・・・期待どおり「放し飼いの犬」だった。

それにしても、毎回会うたびに甥っこのかわいい発言や発想には
びっくりさせられるけど、今回も名言を一言残していった。
・・・私の、「物置」と化している「開かずの部屋」を開けて一言。
「アキちゃんのお部屋、地震がきたのぉ?」・・・
これには参った。
いい加減片付けます!!





posted by あっこ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。